配転・出向・転籍

 

 

 配転・出向・転籍は、

 人事の一環ですが、

 人事といえども、

 企業が従業員に対して

 自由に命じることができる

 わけではなく、

 法的に認められない場合

 があります。

配 転

 配転とは、同一企業内における職種・勤務場所の変更を指します。就業規則の定めなど労働契約上の根拠があれば、企業は従業員に対し配転命令権を行使できますが、その行使が権利濫用に当たる場合は認められません。

出 向

 出向とは、元の企業の従業員としての地位を維持しながら、他の企業においてその指揮命令の下で就労することを指します。出向に際しては従業員の同意が必要ですが、包括的な同意がある場合には、さらに個別に同意を得る必要はないとされております。ただし、出向命令権の行使も濫用は許されません。

転 籍

 転籍とは、元の企業との労働契約関係が終了し、新たに他の企業との労働契約関係に入ることを指します。従業員の個別的な同意が必要なので、企業が一方的に転籍を命令することは認められません

弁護士にお気軽にご相談ください

 

 配転・出向・転籍のこと、

 弁護士にお気軽に

 ご相談下さい。

 墨田区錦糸町・押上

 アライアンス法律事務所まで。

 弁護士 小川敦也

 (東京弁護士会所属)


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
未払い残業代・不当解雇 法律相談初回1時間無料 墨田区錦糸町・押上の労働弁護士 アライアンス法律事務所 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 江東区・江戸川区・葛飾区・足立区のご相談も多く承っております。