フレックスタイム制

    

  未払い賃金・残業代の請求は法律上

 あなた正当な権利です

 退職後でも賃金・残業代を請求できます

 迷っている方は弁護士にご相談を

 墨田区錦糸町・押上

 アライアンス法律事務所

フレックスタイム制とは

フレックスタイム制とは、労働基準法32条の3で定められている勤務形態で、1か月を上限に、その期間内の総労働時間を定めて、その総労働時間内であれば、労働者が始業時間と終業時間を決められる制度です。

フレックスタイム制においては、始業・終業時刻を自由に選択できる時間帯(フレキシブルタイム)と必ず勤務すべき時間帯(コアタイム)を定めるのが一般です。

フレックスタイム制と残業代

フレックスタイムは、1か月以内の期間で総労働時間を定めておき、その期間内の総労働時間が制限の範囲内であれば、1日8時間を超えて労働しても残業代は発生しません。

しかし、その期間内に総労働時間を超えて労働した場合には、原則通り残業代が発生します。


概要 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
未払い残業代・不当解雇 法律相談初回1時間無料 墨田区錦糸町・押上の労働弁護士 アライアンス法律事務所 東京都墨田区太平4-9-3第2大正ビル 江東区・江戸川区・葛飾区・足立区のご相談も多く承っております。